花をどう綺麗に撮るか!不労所得を解説

花をどう綺麗に撮るか!不労所得を解説

花をどう綺麗に撮るか!不労所得を解説

庭には自分で作った花壇があり、四季折々に花が咲き野菜が実ります。ある時なにげなくスマホで花の写真を撮りました。

 

 

すると、思っていた雰囲気と全く違う印象の写真になっていたのです。目の前で咲いている花よりもずっと美しく見えました。その時から花の写真を撮ることに夢中になったのです。

 

 

 

 

 

 

その後、何度もスマホで写真を撮りましたが、あの時のような感動を覚える写真は撮れません。あの時はたまたま光の加減やピントや距離感が合っていたのかもしれません。

 

 

 

 

私はもう一度、実物よりも美しいと錯覚できるような写真が撮りたい思いに取りつかれました。

 

 

 

 

 

写真にとりつかれた私が行ったのはもちろんカメラ屋さんです。デジカメしか触ったことのない私がいきなり一眼レフというわけにはいかないと思い、現品限りのミラーレスカメラを購入しました。

 

 

 

 

 

カメラの仕組みもわからず、撮り方の基本も知らず無鉄砲極まりない行為だったのですが、スマホの写真とは明らかに違う仕上がりに夢中になりました。

 

 

 

多少は写真の撮り方について調べたり、基本が書いてあるような本を買ったりもしました。けれども理解できることは少なく、私がしたことはただひとつ、背景を意識することだけでした。後は光の方向を考えるだけで、ミラーレスでも私が望む程度のボケ感は充分に出すことができたのです。

 

 

 

どう撮れば一番可愛く美しく見えるように撮れるか、と考えながら夢中で撮り始めるとあっという間に一時間以上たってしまいます。

 

 

 

 

花を撮っていると小さ過ぎる花は撮れないことがわかってきて、今度はマクロレンズが欲しくなりました。マニュアル操作もできないのに自分でも呆れてしまいますが、

 

 

 

買わずにはいられなかったのです。写真に取りつかれた人はレンズ沼にはまるとよく言いますが、経済的に私にできるのはここまででした。

 

 

今後はどう花を撮るか一層勉強したいし、思った通りに撮れる根拠も知った上で撮影したいと思います。

 

 

 

 

花の写真がうまく撮れるように長く写真と付き合っていきたいと思っています。

 

 

不労所得を解説も後日しっくりしていきますね。

ホーム RSS購読